おばさん島旅 一人旅

40代おばさんの沖縄旅行記。たまに海外。

お盆休みにタイバンコク行ってきた タイ市内観光 ワット・アルン編~

3日目(8月14日金曜日)。ベトナムよろしく今回も現地ツアーをベルトラで手配しました。 

VELTRA6時30分集合だったので朝5時に起床。シャワーを浴び昨日買ったサンドイッチを食べました(日本のでんぶのようなものが挟んであり、もそもそしてなんともいえない微妙な味でした)。6時10分頃に部屋を出て、ホテルからオールシーズンズプレイスの中を通り表へ出ると、スタッフたちが朝礼していました。朝早くからご苦労様です。タイ人も朝礼するんですね。手前にいる男女二人は遅刻してしまったようで少し小走りで歩いていました。f:id:urihei:20150814064025j:plain

コンラッドから歩いて5分ほどでオークラに到着。お盆休みで参加者が多く、コンラッドまでの送迎はしてもらえませんでしたが、近くのオークラホテルが集合場所だったので助かりました。お迎えはマイクロバス。ガイドさんは日本語が堪能ではないハナ肇似のおじさんでした。

f:id:urihei:20150813120522j:plain

オークラの宿泊者数名と私を乗せて出発です。途中ツインタワーズホテルで停まり、他のツアーに参加する人は降り、さらに参加者を乗せて船着き場へ向かいました。このホテルは観光バスの集合場所になっているようでした。

ツインタワーズホテルの駐車場。犬が放し飼いでうろうろしていました。はじめ、ここがホテルの駐車場とは気付かず、どこかのバスターミナルだと思っていました。あまりにも汚く何台もの観光バスでごった返していたので。

f:id:urihei:20150814091450j:plain

バンコク市内観光は午前・午後とアユタヤなどを組み合わせた一日コースがあるのですが、猛暑のタイで一日観光するのは厳しいと判断し、比較的涼しい(と思われる)午前のツアーを申し込みました。催行はウエンディツアー。

f:id:urihei:20150920213534j:plain

ツインタワーに向かう途中で、私たちの乗ったマイクロバスが信号待ちをしていたのですが、クラクションがけたたましく鳴り響いていたので外を見ると事故車がありました。バイクに乗ったタイ人達もガン見していました。

白衣を着た看護師と思しきおばちゃんが車の写真を撮りまくっていましたが、この人は何者?タイでは看護師さんが車の故障具合を写真で撮るのでしょうか?よくわかりませんでした。

f:id:urihei:20150814090701j:plain

ツインタワーホテルで20分ぐらい待たされて他の参加者を乗せてから出発しました。一番目の目的地は三島由紀夫の小説で有名な暁の寺(ワット・アルン)。チャオプラヤー川の対岸にあるので船に乗るためにティアン船着場へ向かいます。

途中、貧しい子どもたちが通う、という小学校の前を通りました。

f:id:urihei:20150814094941j:plain

ガイドさんによると、基本的にお寺の小学校で学ぶ子供たちは地方出身で貧しい子供が多いのだそうです。

 

船着場の前は小汚い市場になっていて野菜やおかずなどを売っていましたが、道路がぼこぼこで下を見て歩かないと転びそうになりました。船着場も床や桟橋が木の板で整備はまだまだ、と言ったところでした。

 

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

船に乗りました。隣に写っているオレンジのポロシャツの方がハナ肇似のガイドさん。

f:id:urihei:20150814100724j:plain

対岸の景色。右斜め前方にワット・アルンが見えます。あいにく改修中で足場が組んでありました。

f:id:urihei:20150921114825j:plain

貨物船。何を運んでいるのでしょうか?生活臭漂う光景です。

f:id:urihei:20150921115105j:plain

あっという間に着きました。

f:id:urihei:20150921115247j:plain

 ワット・アルンはこの地に王朝を築いたタクシン王ゆかりの寺院です。この銅像はラーマ2世。タイガージェットシンみたいな靴がかわいい。

f:id:urihei:20150921115323j:plain

入口に向かいます。王妃様のお誕生日を祝っていました。

f:id:urihei:20150814102014j:plain

チケット売り場。50バーツ。ハナ肇さんがチケットを買ってくれています。

f:id:urihei:20150814102057j:plain

入口。短パン、ノースリーブなど露出度の高い服装では入ることが出来ません。

f:id:urihei:20150814102109j:plain

f:id:urihei:20150814104315j:plain

肇さんは金ぴかの仏像のお腹をナデナデ。

f:id:urihei:20150814102202j:plain

まずは大仏塔から。大仏塔の四方に小仏塔があり、規模は小さいですが珍しい彫像が彫ってあります。行ったことないけどアンコールワットに似ているなと思っていたら、こういうトウモロコシ型の仏塔はカンボジア様式なんだそうです。

f:id:urihei:20150814103409j:plain

f:id:urihei:20150814103014j:plain

でか過ぎてカメラにおさまりません。

f:id:urihei:20150814102641j:plain

塔の高さは67メートル。基台の周囲は237メートル。タイ仏教ヒンドゥー教が融合した仏塔。

f:id:urihei:20150814102947j:plain

美しい装飾が施されています。これは当時大量に輸入されていた中国の陶器の破片を貼りつけているそうです。

f:id:urihei:20150814102942j:plain

階段が急で怖かったです。

f:id:urihei:20150921130108j:plain

本堂は時間の関係で見ることが出来ませんでした。台座にはラマ2世の遺骨が納められているそうです。

 

詳しくはこちらを参照されて下さい。

www.bangkoknavi.com

 

お土産屋さんもありました。トイレもあります(こちらのトイレは無料でした)。

f:id:urihei:20150814103913j:plain

猫がたくさんいました。犬も。岩合さんになったつもりでパチリ。

www4.nhk.or.jp

f:id:urihei:20150814103216j:plain

f:id:urihei:20150921131810j:plain

再び船に乗って対岸に戻ります。さよなら、ワット・アルン。朝早い時間帯でしたが晴天で暑かったです。

f:id:urihei:20150814105033j:plain

 

 

 

 

日常のカードのご利用でもマイルがどんどんたまるJALカード