おばさん島旅 一人旅

40代おばさんの沖縄旅行記。たまに海外。

沖縄のんびりドライブ 1泊2日の旅 1日目 古宇利島編

ワルミ大橋を渡り、屋我地島を通り、古宇利島へ。古宇利大橋は駐車禁止で写真は撮れませんでした。

www.okitour.net

運転しながらなのでじっくりと海を眺めることが出来ませんでしたが、天気の良い日の古宇利大橋の景色は素晴らしく感動します。この橋は以前二度通ったことがあるのですが、曇り空と晴天では全然海の色が違うのです。

 

橋を渡り、左手にある古宇利ビーチへ。隣接する「古宇利ふれあい広場」の駐車場がいっぱいでしたがちょうど1台分空いたのでクルマを停めることが出来ました。

f:id:urihei:20150621123652j:plain

ブルーシールのマンゴタンゴ味。マンゴとバニラのミックスでおいしかった。市場では特産品のスナックパインやマンゴーが売っていて、とてもおいしそうでしたがなかなかのお値段で購入は見送りました。

 

古宇利ビーチの右側は漁港になっていて船がたくさんとまっていました。

f:id:urihei:20150621124229j:plain

外にいるだけで暑く、長居出来ませんでしたのでここでもジュースを買って水分補給をしながらクルマで古宇利島を1周しました。非常に小さな島なので10分ぐらいで1週出来ます。途中で今年出来たばかりの古宇利オーシャンタワーに行ってみました。

www.kouri-oceantower.com

 

時計回りで1周していて、1台しかクルマが停まっていなかった広い駐車場にクルマを停めていたら、その1台に戻ってきたカップルが「オーシャンタワーに行かれますか?係員に向こう側の近い駐車場に停めるように言われましたよ」と親切にも教えてくれました。どうやら混んでいる時の第二駐車場のようでした。旅先ではこういう親切な人に出会うことが多く、ほっこりします。

f:id:urihei:20150621124852j:plain

自動券売機でチケットを買い、右側の通路を登っていきます。建物の入口が小さく「はてな?」と思っていたら係員のお兄さんからカートに乗るように指示が。なんと4人乗りの無人電動カートに1人で乗るはめに。恥ずかしかった、、、。他にお客さんが並んでいなかったのがせめてもの幸いです。

f:id:urihei:20150621130002j:plain

しかしこのカート、坂をくねくねと登りながら古宇利大橋を眺められるようになっているため、気持ち良く乗ることが出来ました。

f:id:urihei:20150621130324j:plain

眼下にこんな絶景が広がります。

f:id:urihei:20150621130350j:plain

入口に到着するとまず世界中の貝が展示してある「シェルミュージアム」の中に入ります。

f:id:urihei:20150621131006j:plain

サンゴや貝のアクセサリーも売っていましたがケタが違います。高すぎて買えません。上の階は古宇利島の歴史などを紹介した展示室になっていました。

f:id:urihei:20150613155701j:plain

さらにその上は展望台になっていて、素晴らしい絶景を見ることができました。しかしデジカメの電池が切れてしまい、スマホで撮ったためイマイチの写りになってしまいました。

f:id:urihei:20150613155424j:plain

沖縄の海は近くで見るより上から見た方がキレイに見えますね。歓声を上げているお客さんが多かったです。古宇利島に来たら是非寄ってほしい施設ですが、住民はどのように思っているのでしょうね、、、。静かで穏やかできれいな島がどんどん観光地化されていくのを快く思う人はあまりいないのではないでしょうか。

 

お土産屋さんやテラス付きのレストランが併設されているのでのんびり過ごせそうな施設でしたが、気づいたら16時半をまわっていたので急いででることにしました。この日は夕日が望めるペンションでゆっくり過ごそうと思っていたので。

 

またカートに乗っても良かったのですが、ちょうどカートが来ていなかったのと景色を眺めたかったので歩いて駐車場まで戻りました。

f:id:urihei:20150621132927j:plain

キレイですね~!

f:id:urihei:20150621132954j:plain

帰りは遠回りになりますがワルミ大橋を渡らずに屋我地大橋を渡って本部半島に戻りました。

 

www.tripadvisor.jp

 こちらも写真を撮り損ねてしまったのですが、古宇利大橋より海面が近くて運転しながらだとこちらの方が海が見やすいです。

 

505号線から本部半島をぐるりと回ります。今度は右側に海を眺めながらのドライブです。自分で運転しながらの沖縄は今回が初めてでしたが、視界にキレイな海が入ってくるのは新鮮でとても楽しめました。ただ走っているだけなのにのんびりした気分になれて癒されました。