おばさん島旅 一人旅

40代おばさんの沖縄旅行記。たまに海外。

石垣島と竹富島2泊3日の旅 5

【3日目 2月1日(日)】

7時起床。朝食を食べに1階の食堂へ。スクランブルエッグの左側にあるのはカレー味の炒め物でおいしかった。シーズンオフだからでしょうか、ビジネス客が目立ちました。

f:id:urihei:20150203165423j:plain

8時45分にチェックアウトし、キャリーケースをガラガラ引きながらバスターミナルへ。バスターミナルのコインロッカーに荷物を預け、石垣島を1周する定期観光バスのチケットを購入しました。ここのコインロッカーのサイズが微妙で、大きさ別に3種類あるのですが機内持ち込みサイズのキャリーケースが一番大きいサイズの500円のところにしか入りませんでした。

 

参加人数は約20人。一人参加の方は私を含め6人(女性5人男性1人)でした。女性の一人旅って割と多いんだなと思いました。

f:id:urihei:20150207231228j:plain

私が参加したのは左側のコース。9時半に出発し、2時頃バスターミナルへ戻ります。帰りは石垣空港にも寄ってくれるので、午後3時以降の便で帰る方は最終日に持ってきても良いツアーです。

f:id:urihei:20150203165906j:plain

いいお値段ですが昼食付きでガイドさんの楽しい解説と唄(美声でお上手です)が聞けて、高くはないと思いました。

 

ツアースタート。ますは権現堂と桃林寺。


桃林寺と権現堂|おきなわ物語|沖縄観光情報WEBサイト

車窓からみるだけで停車することなく通り過ぎたため、写真は撮れませんでした。

道すがらBIGINの比嘉さんの実家と具志堅用高さんの記念館を見ることが出来ました。

 

最初の下車スポット唐人墓。きらびやかなお墓からは想像できないほどの凄惨な事件があったことを知り、言葉が出ませんでした。

唐人墓 - Wikipedia

f:id:urihei:20150203210054j:plain

お墓の前にはシーサーが二体あります。これは沖縄のシーサーではなく、台湾のものだそうです(沖縄のシーサーは左側のメスの口が閉じています)。よく見るとメスは子供をあやしていて、オスは毬を押さえています。毬は地球を意味しているとのこと。かわいい!見学後トイレ休憩をかねて駐車場前のお土産屋さんに入りましたが買い物はしませんでした。

 

バスは西海岸に沿って走ります。名蔵湾を眺めながらガイドのおじさんが石垣島の説明をしたり唄を歌ってくれました。

 

一番の見どころ、川平公園へ。時折雨がぱらつき曇り空のお天気でしたがガイドブックなどで見る絶景が目の前に広がります。オプションのグラスボート(通常1,030円のところ、ツアー割引料金で850円)に乗りました。

f:id:urihei:20150203230937j:plain

 お天気が悪かったせいか透明度が低く、死んでいるサンゴが多くてちょっと残念な感じでした。

f:id:urihei:20150204155816j:plain

グラスボートの後は展望台に上り、しばらく景色を眺めてからトイレ休憩の真珠屋さんへ。もちろんお高いので購入はしませんでした。

f:id:urihei:20150203231309j:plain

f:id:urihei:20150201111224j:plain

お次は昼食会場のドライブイン「ポーザーおばさんの食卓」へ。ポーザーとは包丁の意味だそうです。


ぐるなび - ヤマバレ牧場 ポーザーおばさんの食卓(石垣島・西表島・与那国島/ファミリーレストラン)

 

お店の入口にいたシーサー。左側は老眼鏡をかけています。やけに似合っていておかしい。

f:id:urihei:20150201175130j:plain

口コミではあまり評判は良くないようですが、ハンバーグおいしかったです。おかずが多くて食べきれませんでした。

f:id:urihei:20150201175304j:plain

私の向かいの席は一人参加のおじさん(もう70歳とおっしゃっていたのでおじいさんですね)。熊本から種子島沖縄本島などまわって旅していて、昨日は日帰りで与那国島に行ってきたとか。2月8日からフィリピンに行くそうで退職後悠々自適の生活を送っているようでした。

 

おなかいっぱいでバスにゆられていると瞼が重くなってきましたが、バスガイドのおじさんが「みなさん睡眠薬入りのハンバーグで夢の中に行ってしまいます」と笑いを取っていたので意地でも眠るまい、と頑張って起きていました。そうこうしているうちに米原熱帯原生林に到着。

 

左上のクワズイモはかぶれるので触ってはいけないそうですが、ハブの毒を中和する作用があるそうです。

f:id:urihei:20150203232011j:plain

ヤエヤマヤシの幹の横線は年輪にあたるものだそうです。

f:id:urihei:20150203231847j:plain

ボリューミーな昼食でお腹いっぱいだったのですが、サトウキビジュースを飲んでみました。皮ごと絞っているので独特の臭みがありました。

f:id:urihei:20150201180808j:plain

バスに乗っているとまた眠くなってきましたが、また「睡眠薬入りの~」とガイドさんが話しはじめたので頑張って起きていました。

 

最後の下車観光「玉取崎展望台」へ。ここは潮流が早くて毎年観光客が泳いでいて流されてしまう事故が起きているそうです。

f:id:urihei:20150208002511j:plain

あとは帰るだけです。途中石垣空港によって何組かお客さんをおろしてからバスターミナルへ向かいました。宮良あたりにさしかかるとガイドさんが明和の大津波について説明してくれました。文献によると、波の高さは80メートルくらいにまで達し、「山を越えていった」そうで、ガイドさんがその山を指さしながら説明してくれました。その山は海岸から結構な距離があるので「あんなところまで津波が来たのか」とびっくりしました。

 

八重山地震 - Wikipedia

 

予定より少し遅れてバスターミナルへは2時15分くらいに到着しました。ガイドさんがいろいろと解説してくれておもしろかったので、たまにはこういったツアーに参加するのも悪くないな、と思いました。

 

飛行機の時間までたっぷり時間があるのでツアー終了後は公設市場と八重山博物館に行きました。公設市場はあやぱにモールの中にあります。


石垣島 あやぱにモール | 沖縄観光・沖縄旅行情報

f:id:urihei:20150201173617j:plain

那覇の公設市場と比べると小さいですが、お肉屋さんでは石垣牛が安く売られていたり二階の特産品販売センターでは石垣島の特産品やお土産がたくさん売られていておもしろかったです。

f:id:urihei:20150201174156j:plain

f:id:urihei:20150201174400j:plain

ここでお土産を買ってから八重山博物館へ。

石垣市立八重山博物館トップ

荷物が重くなってしまったので先に八重山博物館に行けばよかったと後悔しました。

f:id:urihei:20150201174805j:plain

建物に入った瞬間強烈な薬品臭がしてびっくりしました。中にいるうちに慣れたけど、何の匂いだったんでしょう?展示物は多くなく、すぐに見終わってしまいました。

 

再びバスターミナルに戻り、コインロッカーからキャリーケースを出して空港へ向かいました。空港から乗った時は料金はバスの中で清算でしたが、バスターミナルでは乗車券を窓口で買いました。

f:id:urihei:20150203170234j:plain

16時半頃空港に到着。キャリーケースを預け、2階のマッサージ店へ行きました。混んでいて次は5時半になると言われたので予約をして1階へ戻りました。

それまで時間つぶし。ミルミル本舗でジェラートを購入。島バナナグアバのハーフ&ハーフで370円なり。島バナナがねっとりとしておいしかった。

f:id:urihei:20150201170542j:plain

 スマホで写真を整理していたら時間になったのでマッサージ店へ。


パナ・ン | 南ぬ島 石垣空港

 30分全身コースを受けました。施術者は若いお姉さんでした。

f:id:urihei:20150203164244j:plain

琉球マッサージとはなんぞや?と思いましたが手指ではなく肘を多用する手技が多かったです。

搭乗前にまだ時間があったのでビールを一杯。570円なり。

f:id:urihei:20150201185433j:plain

おつまみの豆菓子。チーズ味。370円なり。

f:id:urihei:20150201185400j:plain

ビールを飲んだらかったるくなってきたのでこれ以降は写真は取りませんでした。

 

飛行機の中ではほとんど寝て過ごしました。羽田に到着したのが22時過ぎ。23時発のリムジンバスに乗って自宅に帰りました。