おばさん島旅 一人旅

40代おばさんの沖縄旅行記。たまに海外。

石垣島と竹富島2泊3日の旅 3

新田観光さんで自転車を借りて散策です。ハンドル中央に赤いリボンをつけているのが新田観光さんの目印で、カギはかけません。

※カラスがとまっているのがマイマシーン。この写真の場所はなごみの塔近くの駐輪場です。

f:id:urihei:20150131154726j:plain

 地図を見て、まずは海を見たい!と思い一番近い西桟橋に向かいました。

f:id:urihei:20150204160229j:plain

f:id:urihei:20150204162801j:plain

5分くらいで着きました。

f:id:urihei:20150203224320j:plain桟橋の先端は傾斜があって、少し下り坂になっていました。海水が溜まっています。パラパラと雨が降ってきて傘をさすほどではなかったのですが、風が冷たくてのんびり眺めることは出来ませんでした。

 

お次はコンドイ浜へ。西桟橋から10分も走らなかったと思います。お天気が悪いのが残念です。

f:id:urihei:20150203224851j:plain

噂に聞いていた通り猫が何匹もいました。猫好きにはたまらない島です。

f:id:urihei:20150203225301j:plain

曇っていましたが海はキレイ。

f:id:urihei:20150203225059j:plainお次はカイジ浜へ。ここへも10分かからなかったと思います。

f:id:urihei:20150203225821j:plain

星砂で有名な浜ですが、視力の弱い私には見つけ出すことが出来ませんでした。観光バスでやってきた観光客が一斉に星砂探しを始めました。ここにも猫がいたのでパチリ。人懐こくて、鳴きながら近寄ってきました。観光バス3台分の観光客がいて落ち着かなかったので長居しませんでした。

 

お次は島の南側へ。立ち入り禁止区域(牧場)に沿って走ります。東側のアイヤル浜やナーサラ浜も行こうと思ったのですが、のどが渇いてきたのでカフェを探しに集落の方へ向いました。途中、やぎと馬(ポニー?)に会いました。

f:id:urihei:20150203230637j:plain

集落の中に入ります。郵便局も赤瓦。

f:id:urihei:20150203230209j:plainなごみの塔の前を通りがかると、何人も並んでいます。並ぶことが嫌いなのでスルーしました。

f:id:urihei:20150131152029j:plain

地図を見ると、なごみの塔の裏側にカフェがあったので行ってみました。建物の二階で、外階段を上って入ると、、、まあ、オシャレ!なごみの塔に登らなくても町並みを見降ろすことが出来ました。SWEETSセット(本日のケーキ~マンゴームース~とコーヒー)700円なり。眺めがいいし、ケーキもおいしかったし、ここおススメです。なごみの塔に登っている観光客とバチバチ目が合いますが、、、。

f:id:urihei:20150203165043j:plainカフェでまったりしてから散策再開。新田観光さんに自転車を返し、送りのバスの予約をしてから隣にある喜宝院・蒐集館へ。自転車のレンタル代は約3時間で750円でした。

喜宝院蒐集館

f:id:urihei:20150203221459j:plain

f:id:urihei:20150203224007j:plain建物の中に入ると受付らしい場所は無く、誰もいません。入口左手を見ると、かごがあり「入場料300円」と書いてあったのでお金を入れてからこじんまりとした展示室を見て回りました。しかし、せっかくの展示物はほこりだらけ。奥の展示室は照明すらついていませんでした。

 

私は視力が良くないのでぼんやりしながら閲覧していると、館長さんらしき人物が奥から出てきて電気をつけてくれました。昔のお金を見ていると、「沖縄では通貨が何度も変わった」「戦後沖縄だけで流通していた通貨がある」等の説明をしてくれていたのですが、団体の観光客が入ってきたとたん、私の質問を無視してそちらに行ってしまいました。なんだかなあ。

 

 いい時間になってきたので新田観光さんに戻り、マイクロバスで竹富港まで送ってもらいました。帰りの船は行きよりも大きく揺れが少なかったように感じました。

f:id:urihei:20150203223752j:plain

竹富島の滞在は約四時間。半日あれば充分回れます。お天気が良くて暖かかったら、1日のんびり過ごせそうです。