おばさん島旅 一人旅

40代おばさんの沖縄旅行記。たまに海外。

石垣島と竹富島2泊3日の旅 2

【2日目 1月31日(土)】

6時起床。このホテルは無料朝食がついています。おかずの数は少ないけど、おにぎり、パンとも3種類くらいずつあり、沖縄そばもありました。無料の割には頑張っていて好感持てます。コーヒーはウエルカムドリンクのマシンで。

f:id:urihei:20150131065329j:plain

お部屋からの眺め。どんより天気です。

f:id:urihei:20150131073726j:plain

この日は9:40発の石垣島行きに乗らないと行けないので、8時にチェックアウト。朝の受付の方たちも笑顔で気持ち良かったです。パラパラと少し雨が降っていましたが駅までは傘をささずに行けました。

 

ゆいれーるで那覇空港まで移動し、JTA605便に乗りました(那覇9:40発石垣島10:40着)。

 

しかし、、、やってしまいました、、、ホテルにデジカメを忘れてきてしまったのです。ホテルに電話して確認してもらったところ、やはりお部屋に置き忘れていました、、、テンションが下がる。那覇には戻らないので取りに行くことも出来ず。しょうがないので自宅に着払いで送ってもらうようにお願いしました。

 

せっかくSONYサイバーショット買ったのに、、、よって今回も写真は全部スマホの低画質カメラになります。

 

気を取りなおして搭乗です。

機材は737型機。窓から自衛隊の航空機が見えました。

f:id:urihei:20150202222050j:plain

景色を見たかったので左側窓側の席を取ったのですが、晴れていたのは雲の上だけ。降下するとまたどんより天気でした。

f:id:urihei:20150202222623j:plain

石垣空港に到着。二年前に出来たばかりで綺麗な空港でした。

f:id:urihei:20150202224752j:plain

小雨が降っていて風が冷たく、薄手のダウンコートでちょうど良いくらいでした。空港前の停留所から路線バスに乗り、バスターミナルまで移動しました。乗っていた時間は35分くらい。540円なり。

f:id:urihei:20150202225230j:plain

バスターミナルから徒歩で離島ターミナル(フェリー乗り場)まで移動。5分くらい。


新石垣空港から石垣港離島ターミナルまでの行き方 | 八重山・離島の旅

 

f:id:urihei:20150202225404j:plain

ロッカーにキャリーケースを預けて切符売場へ。八重山観光さんで竹富島往復切符を購入。1,330円なり。

f:id:urihei:20150131114936j:plain

f:id:urihei:20150131115016j:plain

なんとなく小腹がすいたのでブルーシールのアイスクリーム(紅イモ味)を。

ボケボケですな。

f:id:urihei:20150131115221j:plain

アイスを食べたら本格的にお腹がすいてきてしまったので食堂エリアへ。メニューの写真がおいしそうだったのでこのお店に入った(お店の名前を忘れてしまいました。食堂エリア海側、一番奥のお店です)。

f:id:urihei:20150202230541j:plain

ここのウリはマグロユッケ丼と石垣牛のハンバーグのようでしたが、がっつり食べる気分ではなかったので八重山そばを注文。お味は普通。500円なり。う~ん、沖縄そば探しの旅はまだまだ続く、、、。

 

いい時間になったので桟橋に行くと、石垣島が生んだ大スター、具志堅用高さんの銅像がありました。

f:id:urihei:20150202230844j:plain

12:30出発のサザンクロス5号に乗り、約15分で竹富島に到着。レンタサイクルや水牛車観光のバスがお客さんを待ち受けています。

 

f:id:urihei:20150202231046j:plain

新田観光さんの水牛車ツアーに参加。繁忙期ではないので予約なしでも大丈夫でした。送迎バスにゆられて10分くらいで到着。受付で説明を聞き、お金を支払ってからしばし待機。名前を呼ばれた順に乗り込みます。水牛車に乗っている時間は25~30分くらい。おじいの歌や説明を聞きながらのんびりと集落をまわりました。1,200円なり。領収書代わり(?)にポストカードを頂きました。


水牛車の新田観光 - 竹富島の水牛車観光

f:id:urihei:20150202232705j:plain

車を曳いてくれるくれる牛は「わかちゃん」。8歳の頭の良い子で、一度も車をこすったりぶつけたりしたことがないそうです。本当に石垣の塀すれすれを曲がってくれました。コーナリング抜群でペーパードライバーの私より運転が上手。

f:id:urihei:20150202233051j:plain

おじいが安里屋ユンタなど何曲か歌ってくれました。竹富島の歴史や文化、家屋の説明などしてくれておもしろかったです。

f:id:urihei:20150201081601j:plain

水牛車の後は同じ新田観光さんで自転車を借りて竹富島を一周することにしました。