おばさん島旅 一人旅

40代おばさんの沖縄旅行記。たまに海外。

那覇と名護1泊2日の旅 2

一日目(5月31日 土曜日 その②)

 整理券を取りバスの左側、一番後ろの席を陣取ります。

 

恩納村のリゾートホテル群が立ち並ぶエリアからキレイな海を見ることが出来たのですが、走行中でうまく取れなかったので写真はありません。

 

「のんびり優雅に海を見ながらバスで移動」ともくろんでいましたが、エアコンは効かないわ、西日が強いわで約二時間の間じっとりと汗をかきながらのバス移動でありました。とほほ。運賃は泊高橋→幸喜 1,850円也。

 

 この日宿泊するAJ幸喜リゾートホテルはバス停から徒歩3分くらいでした。

travel.rakuten.co.jp

 バス停の看板は色あせてしまっていました。

f:id:urihei:20140531160655j:plain

f:id:urihei:20140531164307j:plain

 16時半頃にチェックイン。

外廊下がマンション風の作りでしたが部屋はリゾートホテルっぽい内装です。

築年数が浅く、広くてキレイなお部屋でした。特に気にいったのはベランダ。

 テーブルと椅子が置いてあって、椅子に座って目線が低くなってもガラス越しに海を見ることが出来るんです。リーズナブルですが満足度の高いお部屋でした。

f:id:urihei:20140602231530j:plain

 ベランダからの眺め。左側にブセナリゾートが見えました。お金持ちはあちらへどうぞ。

f:id:urihei:20140602231740j:plain

 荷物を置いてさっそく海へ。いいお天気で海の青さが美しかったです。

f:id:urihei:20140602232459j:plain

 砂浜を左側に歩いて行くと幸喜公園があります。さらに左側に行くと4年前に泊まった喜瀬ビーチパレスがありました。

 右側には名護市民海水浴場があり、地元の方達が利用できるようでした。

ここのビーチは遊泳区域が区切られていないので解放感があって気持ち良いです。海水浴には早い時期でしたので泳ぐことが出来ず、非常に残念でした。

f:id:urihei:20140602232803j:plain

 ひとしきり海を散策して満足したのでホテル1階に入っているファミマでお買物をしてから部屋に戻りました。

 

 ホテル2階と58号線はさんで向こう側にいくつかレストランがあります。

f:id:urihei:20140602234008j:plain

  1階のファミマで買ったオリオンビール、新垣ちんすこうアイス。サータアンダギーは公設市場2回で買ったもの。公設市場の近くの商店で買ったマグロの血合い、サカナとイカのてんぷら、もずくのてんぷら。血合いはう~ん、クセが強く私の口には合いませんでした。でもてんぷらは両方ともおいしかった!太陽が沈んでいくのをゆっくりと眺めながら、ご飯を食べたり本を読んだり床にバスタオルを敷いて寝転がったり。この日は暑すぎず、とても気持ち良くリラックスした時間を過ごすことが出来ました。

f:id:urihei:20140602233121j:plain

 ホテルの上空をオスプレイが二機バタバタと飛んで行くのが見えましたが、あっという間に行ってしまって写真は撮れませんでした。このことを那覇在住の友人に話したら、「那覇上空もよく飛んでいる、低空飛行で音もすごいけど振動がすごい」と言っていました。